日本語ドメイン SEOに効果について メリット・デメリット

[記事公開日]2014/04/24[最終更新日]2016/03/15

日本語ドメインのSEO効果について

日本語ドメインがSEOに効果あるのか?ないのか?サイトを運営していると一番気になる重要な最初に迫られる選択肢だと思います。日本語ドメインは、SEO検索評価に効果があるのかと問われれば、現在は、個人的には効果はあるとは思いますが思うほどの効果は期待できないのではないかと思ってます。

注意して欲しいのは“ある”と言ってもドメインとコンテンツがピッタリとマッチしている場合です。

ただあるとは思うけどもどこまで検索順位評価の割合をどれくらい含めているかはグーグルにしか知り得ない。少なくとも現在よりは日本語ドメインが出始めた頃の方が評価度は高かったのではないでしょうか。

しかし旬のSEOであって未来のSEOは全く無視される可能性も大いに含んでいると思う。meta name=”keywordsが検索エンジンに無視されていることを考えてもあり得る話しです。十年前は、メタキーワードに重要なキーワードとタイトルを重要視することで上位に上がっていたが今はメタkeywordは全く通用しない。

日本語ドメインがSEOに効果があるなんて流れると次々に日本語ドメインを取得してサイトを作り出す。それが良質なコンテンツなら問題はないでしょうが明らかに内容の薄い上位目的だけのサイトも沢山目につく。

日本語ドメインが上位に上がっているように感じるのは日本語ドメインを利用する人達が増えるので必然的にサイトの露出度も上がってくる。そして拍車をかけて日本語ドメインを使ってアフィリエイトをする人達が増えてくるので露出度がより多くなりSEOに効果があるように見えるのかも知れない。

では!“効果があるのなら全て日本語ドメインをつかえば!”なんて声が上がってきそうですが実はその日本語ドメインをどのように運営していく又は利用するのかが一番重要だと思います。

利用の仕方によてはデメリットの要素が大きいような気がします。

今回のこのサイトも、日本語ドメインはデメリットの方が大きいと考え利用していせん。

Googleフォーラムでの意見

グーグルが提供するグーグルゴーラムで見つけた質問です。
SEOブログでも有名な海外SEOブログのSUZUKI氏に対しての質問ですが、

“Googleでは、日本語ドメイン名に含まれたキーワードは検索順位を決める際の評価要因になるようです。”

と言われています。そして日本語ドメインは、ヒント
本人は使わないと言われてます。
しかしこれは2011年の記事なので現在も効果があるのかは定かではありません。

質問
昔から日本語ドメインについてはSEOとして効果がある!といわれたり、Punycodeの問題があったりとそうでないという見解があったりと意見が分かれるところですが、
過去のsuzukik様のブログから引用すると
海外SEOブログといった様に立証されそうな前向きな内容の記事もいくつか見受けられたりします。

SUZUKI氏の回答
ドメイン名に入っているキーワードは日本語と言えどもヒントにはしているようです。
ですがSEOのために利用するのはオススメしません。

ドメイン名はそのサイトの「名前」にもなります。
おっしゃるようにブランディングを最優先して付けるべきです。

日本語はブラウザや検索結果での表示こそ分かりやすいですが、
Punycodeになると意味不明な文字列になってしまうのでその点もよく考えてください。

個人的に言えば、僕なら普通は使わないですね。
もっとも他の方の意見も聞きたいものです。

一部抜粋元グーグルフォーラムさま:日本語ドメインってSEO効果はあるのでしょうか?

私が日本語ドメインを使いたくない理由

メールアドレスの問題

下記の図のように info@日本語ドメイン.jpでは利用できません。
利用するにはピュニコード変換 info@xn--eckwd4c7cu47r2wf.jpこれをメールアドレスに使いたいと思いますか?
日本語ドメインが長くなればこのピュニコードも比例するので使い勝手が悪いためです。


日本語ドメイン

日本語表記⇒日本語ドメイン.jp
Punycode“ピュニコード変換”表記⇒xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp


Punycode ピュニコードって何

英数字以外の言語で入力された文字列を、既存のDNSサーバーでも扱えるようにするには英数字コードへと変換が必要です。
例えば「日本語ドメン.jp」という日本語ドメイン名は、Punycode変換後は「 xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp 」というドメイン名になります。お客様の日本語ドメインが、どう変換されるかは、下記ページからご確認いただけます。
Punycode変換:http://punycode.jp/

引用抜粋元 ロリポップさま:Punycodeとは何ですか?

ピュニコードが長くなるので管理しにくい

日本語ドメイン管理しにくい画面
この図は、検索順位を調べるソフトの一部を貼り付けました。
青枠のようにこの文字の羅列をみてもわかりませんし長くなるので捲らないと最終的にどのページが検索に表示されているのかわかりません。これは一部例ですが、日本語ドメインは非常に管理しにくいデメリットがあります。

お気に入りに入らないものもある

自動でお気に入りに入れるのは問題ないようですが手動で入れるタイプのお気に入りの場合コピペしても日本語なのでアクセス出来ない。ピュニコードに変換しないといけないが面倒。
スピードダイヤルを使っていますが自動で入れてもアクセスしないので後で手直しする必要がある。ちょっとした事ですが非常に手間を取る事

読者がお気に入れてくれなくなる

上記のような手間が掛かった時にお気に入りに入れてもらえなくなる。

リンクしてもらいにくい

リンクもピュニコードに変換しないといけない場合が出てくるので手間がかかる。リンクを貼ってもらえない恐れがある。
リンクされないのはSEO対策には不利

怪しげなサイトに見える

安っぽく怪しげに見えるのは私だけだろうか?ネット広告に携わっていたのでそう見えるのかもしれない。

他の方こんな意見

日本語ドメインについてのサイトを見渡してみると殆ど私と同じ意見が多いようです。

・Punycode表記ではわかりずらいので管理がしずらい
・被リンクを付けてもらいにくい。
・メールアドレスに向かない。
・URLが長すぎる。
・海外向けのWEBサイトには向かない。
・一部のブラウザでの表示バグがある。
・スパムサイトと勘違いされてしまう。
・punycodeだけを見ても意味が分からない
・外国の人にとっては、日本語ドメインは分からない

とこんな感じの意見でした。

リサーチしたメリットで多かった意見

・サイトURLが覚えやすい
・検索結果上で目立つ
・サイト名と一致させれば認知度が上がる
・商品販売などの場合、宣伝効果が高い
・検索エンジンでの上位表示に効果がある
・アドレスバーに直接日本語を打ち込んでアクセスできる
・お客様や取引先に覚えてもらいやすい
・ドメインを見ただけでどういう内容のサイトかわかる
・検索結果のインパクトが大きいのでクリック率が高い
・日本人にとっては、見ただけで何のサイトなのかが分かる
・目立つ、インパクトがある
・SEO的に、まだまだ強い

といった感じです。

日本語ドメインの記事を書いている方の見解

日本語ドメイン 効果 から検索して上位のサイトから抜粋してみました。

少し期待できる

※日本語ドメインに関してのメリット・デメリットを簡潔に記載されて非常に分かりやすいサイトです。やはり被リンクがしにくい事を書かれてます。

個人的に感じる印象としてはあまりメリットはない、です。マイナスになることはありません。ドメイン名とサイト名がマッチしているので、プラスの効果は期待できると思いますが、以前と比べるとそこまで差は感じません

一部抜粋元株式会社クロスウォークさま:日本語ドメインSEOのメリットとデメリット

※メリット・デメリットを箇条書きにされて分かりやすいサイトです。

私も実際に、多くの日本語ドメイン名のサイトを運営しています。その運営経験から、日本語ドメインのSEO効果を検証したところ、現状では上位表示に日本語ドメインは少なからず影響力を持つといえそうです。※一昔前より若干効力は弱まったかもしれませんが。URLの長さも短縮URLを生成することによって改善出来る場合もあるでしょう。

一部抜粋元 副業学校さま:日本語ドメインSEO効果(上位表示)メリットとデメリット

広島にお住いなのか広島カープの日本語ドメインについて解説されています。

「ドメイン名と検索キーワードが一致した際のSEO効果が見込める」とは、「広島カープ 〇〇」と検索された際に
ドメイン名にもそのキーワードが含まれているので、一定の効果は見込めると言われています。ただ爆発的に効果があると言ったら、そこまであるとは言えません。あくまで少しはあるという事です。

抜粋元アフィリエイトでネット起業し稼ぐ野球人ヒサトのブログさま:日本語ドメインの効果は?メリットやデメリットについて

※中古ドメインについても書かれています。

日本語ドメインはあくまで表示上そう見えるだけで、裏を返せばxn--から始まる半角英数文字の羅列にすぎません。それ以上でもそれ以下でもないので、もし、効果があるとすればその表記している日本語に対してのみ少し効果があるのかもしれません。

抜粋元 漫ブロさま:日本語ドメインは、SEO効果がある?

期待できる

※日本語ドメインを高く評価されている方です。しかし最終的には“もちろん、“上位表示にとって大事なのはコンテンツの内容!”です、間違いありません。”と言われてます。

一定の効果は今もあると思って日本語ドメインを使っています。Googleがいつまで日本語ドメインをSEO的に優遇?するのか、その辺はわかりませんが、2013年時点においても日本語ドメインのSEO効果は高いと言える状況です。
もちろん、“上位表示にとって大事なのはコンテンツの内容!”です、間違いありません。

一部抜粋元アフィリエイトで稼ぐ | 副収入50万円達成→100万円に挑戦中さま:2013年時点における日本語ドメインのSEO効果

※日本語ドメインの効果はあると書かれてますが“おまけ”という表現も面白いです。確かにその考えも当たってます。

ただ、もしSEO効果があるとしても永続性は望めません小手先のSEOテクニックはいつか廃れてしまいます過去のSEO対策もそうでしたそれに日本語ドメインに頼るだけのSEO対策は望ましくありません従って日本語ドメインによるSEO効果はおまけ程度に捉えると良いと思います

ただ、もしSEO効果があるとしても永続性は望めません
小手先のSEOテクニックはいつか廃れてしまいます
過去のSEO対策もそうでした
それに日本語ドメインに頼るだけのSEO対策は望ましくありません
従って日本語ドメインによるSEO効果はおまけ程度に捉えると良いと思います

一部抜粋元SEOコンプリートさま:日本語ドメインのSEO効果とデメリット

効果はない

効果はないと書かれているサイトは見当たりませんでした。

まとめ

上記のように効果は少なからずあるとの意見が多いようです。そして効果がないと言われる方は見受けられませんでした。
そしてこの抜粋した記事の中で日本語ドメインを利用されている方は、お一人だけでした。

日本語ドメインは評価要因であるけども検索エンジンが順位を位置づけるヒントにするものでもある。ですから、日本語ドメインの効果は期待しない。被リンクを集めるのは不利。管理しにくい。未来のSEOでは評価されないかもしれない。それぐらいの考えで使われる方が良いかもしれません。



スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ