稼げるキーワードの決め方探し方 メインキーワードを探そう!

[記事公開日]2014/04/12[最終更新日]2014/05/20

メインキーワードの重要性

まずは、記事を書くメインキーワード(タイトル)を探します。このメインにするキーワードは一番重要ですから、時間を掛けてじっくり調べるなりして考えた方が無難でしょう。アドセンスに向いているキーワード、アフィリエイトに向いているキーワードと異なってきますのでそこを良く踏まえて慎重に考えます。

ネットで収益を得る事が初めての方は、まずこのキーワードを決めアドセンス主体にするかフィリエイト主体にするのか検討すれば良いと思います。若しくはどちらも収益が上げられそうもないのなら諦めて次のキーワードを探すしかありません。

日記ブログを書くにしても的を絞ったブログにしないと収益にはつながりません。はっきり言います。お小遣いにもなりません。それで収益を上げられるのは有名人・芸能人だけです。

収入を目的としないのなら個人の在り来りな日常生活のブログでもよいでしょうが収益を目的とするなら的が絞られていない記事は出来るだけ書かない方が良いです。もし書くとするならnofollowとnoindexを上手く利用しましょう。

初心者がよくやる、あまり内容のないブログにアフィリエイトの広告をベタベタ貼っているのをよく見かけますが収益を目的にするなら絶対にやってはいけません。数打ち当たるの考えでは通用しません。

キーワード探しの基本

一番大切なのがそのキーワードに関して沢山の記事が書けるかどうか?現在その選んだキーワードで頭の中に沢山の記事が書ける自信があるなら問題はありません。

キーワード探しの基本は

1 自分の得意分野でまず考える。例(趣味に関すること、ゲーム、fxなど)

2 好きではないが現在していること 例(ダイエット、禁煙、就職探し お金の借り方など





いくら収益の高いキーワードでもそのキーワードに関しての知識がないと記事が書けません。まずは、長く続けることが出来る事が基本、そしてその狙ったキーワードに関して数多くの記事が書けそうなら大丈夫です。

一昔前までは知識がなくても得意分野でなくても他のサイトを参考にリライトする方法である程度収益も上げることが出来ましたが、基本的にリライトは言葉や言い回し、語彙が変わっただけで内容は一緒なので昔のseoでは通用していましたが今は難しくなってると思います。
ですから最善の方法は自分の言葉で記事にすることがseo対策にも有効であるということです。

コピペや引用、中身の無いサイトだけでは収益を上げることは絶対に出来ません。
楽してリライトツールやだた言い回しや語彙を変えただけの記事はもう現在のSEOでは通用しません。
他のサイトを参考にするならそれを読んで自分の言葉で書きましょう。
他のサイトからの引用や抜粋は BLOCKQUOTEタグを使うことも出来ます。

自分にしか書けない記事であればそれは他人には真似できない価値ある記事ということになります。

アドセンス向きの・アフィリエイト向き・収益につながらないキーワードを見極めよう

一般的にアドセンスで収益が良い又はクリック率が高いとされるものは、急を要するもの例えば健康やお金に関することなどです。・・・
要するに悩みジャンルです。

健康に関して言えば、病気やダイエットなどがこれにあたります。
病気になった人は、いち早く自身の病気の情報知りたいのでいろんな場所をクリックする傾向にあるようです。病気関係のサイトならアドセンスでしょう。
もしも病気の経験がある方ならそれを克服したブログサイトなどを作ってみるのもよいでしょう。

カードローン系も同じことが言えますね。直ぐにお金を借りたい人は色んな所をクリックするのではないでしょうか!

個人的に健康に関するサイトもアドセンスで運営してますが、今の季節4月ぐらいは花粉症サイトのクリック率が上がっています。この様に旬によってクリック率が変わってくるキーワードも数多くあることも考えておかなければなりません。

アドセンスに向いているキーワード 一例

確定申告(確定申告時期のデータでしたの検索上位に食い込んでいます)
花症症(花粉症時期のデータでしたの検索上位に食い込んでいます)
料理
病気
求人




アフィリエイトに向いているキーワード 一例

※成人向け(やはりトップ100位内に入っているのは成人向けのキーワードです。アドセンスは規約違反になりますので広告はアフィリエイトのみになります。)

※出会い関係
※商品名など




どちらでも行けるキーワード

FX
金融系
レンタルサーバー
美容系
健康
保険



キーワードが見つからない人・ブログを立ちあげてから考えたい人はこの様にしましょう

※キーワードが見つからない。
※キーワードは見つかったが収益になりそうもない。
※取り敢えずブログをはじめてから考えたい。





上記の値する方は、こういった方法もあります。
一番理想的なのはキーワードをタイトルの中に埋め込むのが理想的ですが、私の経験上下記の方法でも問題はありません。

例えば
ブログのタイトルを“●●のブログ”や“●●のサイト”●●は名前やニックネームでもしましょう・・・・

書きたいキーワードが見つかった場合は、やり始めたばかりの場合はタイトルを変更しても構いませんが基本的にはその書きたいキーワードごとに分類しカテゴリを作ります。

SEO的にはこのカテゴリ分類が非常に需要になります。なんでもかんでも一つのカテゴリに入れ込まないようにしましょう。

そしてカテゴリも複雑にしないようにしましょう。
カテゴリも多ければ良いと言うものでもありませんから要はそのカテゴリに内容のある記事をつめ込まないと意味はありません。

人が見て分かりやすいと言うことはグーグルエンジンが見ても分かりやすいということですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ