チャットレディー募集広告はアドセンス ポリシー規約違反!

[記事公開日]2014/05/12[最終更新日]2016/05/21
アドセンス 初めて広告停止!がキタ~


アドセンスから突然の広告停止メールまでの概要

    
スポンサーリンク



以前、内職のサイトを立ちあげた。サイトといっても1周間で作り上げた簡素なアドセンス用の30ページぐらいのサイトです。

規約違反になるポイントサイトなどは一切コンテンツにありません。

主な広告としては、アドセンスをはじめ 自宅で出来る文字打ちや、翻訳系などの広告を貼っていた。

するとここ最近、Googleから広告停止の通達が・・・・きた~

アカウント停止は間逃れましたがいきなりの広告配信の停止です。

検索して調べてみると“○○日まで修正されない場合は広告配信停止”の警告 メールが多いようです。

しかし私のサイトは、猶予期間などない・・・広告配信停止!キビシ~!

グーグルアドセンス 内職系でポイントサイト以外何が規約違反なのか!

放置サイト同然なので何がいけないのかさっぱり分からず!もしかしてポイントサイトの広告を貼っていたか???いやいやそんな記憶はない。

そし恐る恐るてサイトを確認してみる。

あっ これしかないない!その広告が目についた瞬間直ぐに分かった。そうですチャットレディーの募集広告です。

チャットレディーの小さな広告を1社だけ全ページに貼っていた。よく考えてみると
後から追加した記憶が蘇った。

アフィリエイトを選ぶ時に仕事系だから、まっ よかろうと深く考えずに貼った。

アドセンスからのポリシー違反の通達メール

お代官さまからのメール内容はこれです。

*違反の詳細*

アダルトまたは成人向けコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されませ
ん。これには、以下のような内容を扱うページが含まれます。

– 成人向けの出会い斡旋、コンパニオン サービス、個人広告
– 性的なマッサージ サービス
– エスコート
– 国際結婚斡旋

Why!チャットレディー募集サイトがポリシー規約違反になるのか考えて見る

ジャンルはノンアダルトだし募集サイトなのでアダルトにはどうも当て嵌りそうではない。
しかし、成人向けコンテンツ!これなら該当する!

よくよくその下をみてみると コンパニオンサービスとあります。
これだ!言い換えればウエッブカメラで男性をもてなすわけですからね。まさしくコンパニオンの部類だ!
子どもに見せられないサイトは規約違反!に当たる可能性が高い。

チャットレディーの記事でも書いているのなら即刻停止もわからなくもない。けれどお代官様は、小さなチャットレディー募集サイトのリンクも許してくれなかった。

今後のこともあるので直ぐにチャットレディ広告を外す作業に取り掛かる。
ワードプレスだと簡単に出来るが当時の量産Toolで作成したので30ページでも外すのが大変だ。
面倒なんので一括置換えToolを利用して全ての広告を外した。

そして翌日お代官さまにお詫びのメールとサイトの確認を依頼した。

すると数日後、再開の通知メールが来た。

Googleアドセンスから再開の通知

お客様

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、
ありがとうございます。●●.com
を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしま
した。

お客様のサイトへの広告配信は一時的に無効となっていたため、サイトに広告が掲載
されるまでに 48
時間程度かかる場合があります。恐れ入りますが、しばらくお待ちいただきますよう
お願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
Google AdSense チーム

とお代官さまに深くお詫びのメールを送ると許してくれました。

このサイトは毎月3000円足らずの収益しか無かったので良かったがもしこれが月30万だったら大変だ。今後は気をつけるようにしよう。

まとめ

チャットレディ募集広告はノンアダルトであっても成人向けであり尚且つ
コンパニオンサービスに当たるのでアドセンス規約違反になる。

スポンサーリンク



このページの先頭へ