電気通信の国家資格を持つ管理人が書いたHULU海外ブログ

ここでは、海外旅行・海外出張・移住・永住・お住まいの国から有料動画配信サイト(VOD)Huluを利用できるかどうか?!電気通信の国家資格を持つ管理人が、分かりやすく簡単に順序立てて説明します。


海外からhuluにログインできない理由

海外からアクセスするとこんな画面が!
海外アクセス エラー
これは、国内放映権の問題で海外アクセスは拒否されるからです。huluをはじめほとんど全てのvod(動画配信サイト)は、海外からでは利用できなくなってます。

ただ一部のvod(Netflix、amazonプライムビデオ)自社オリジナル作品は、例外なので海外から視聴できる作品もありますが、限られます。

では、どのようにすれば海外からhuluを視聴できるのか?!以下に重要な2つのポイントを書き出してみました。

海外から快適に視聴する為に重要な2つの要素

まず、海外から快適に視聴するためには、2つの重要なポイントがある。

  1. 回線速度の問題。
  2. 日本のIPに置き換える。

1.回線速度の問題

日本の通信インフラは、世界の中でもトップクラスです。国内で、huluを視聴するのに回線速度の問題で頭を悩ますことはまずないでしょう。

しかし、海外では日本のようにインフラが整備されてない国が数多くあります。Huluに限らず、動画をネットで視聴するためには、最低限の速度が必要となります。私もその一人でロースピードと毎日格闘しております。

特に先進国以外の国では、安定速度の確保は厳しいのではないかと考えます。では、ストレスなく視聴できる最低速度はどれくらいなのか、まず知る必要があります。

海外からHULUを視聴するには回線速度が必要

2.日本のIPアドレスを使う




理屈は簡単で海外IPから日本IPに置き換える。

流れとしてはこんな感じです。
海外IP(発信国IP)→日本のIP(ワンクッション入れる中継サーバ)→日本HULUサイト

日本に設置してあるサーバに中継してもらうわけですが、この中継サーバにはプロキシやVPNといった代表的なサーバがありますが全てが利用可能というわけではありません。


利用不可のサーバ↓

プロキシサーバ
本来の使用用途が違うのでアクセス拒否されます。
代表的な世界のvpnサーバ
世界の代表的なvpn会社は規制されている可能性が高い。 全て試したことはありませんがHideMyAss!(HMA!)はアクセス拒否
国内vpnの一部を規制
今年huluリニューアルに伴い代表的な国内vpnの一部を規制。インターリンク社のセカイIPは、規制の対象となりました。今のところhuluだけで他のvodは視聴可能。



利用可能なサーバ↓

自分で設置したVPN
日本のインターネット環境にVPNを設置したもの
一部のレンタルVPNサーバ
インターリンク社のマイIPなどのレンタルVPN

現在のところインターリンクのセカイIPは規制の対象とされていますが、マイIPは規制の対象とされてないようです。個人的に思うのは、マイIPまでは規制の対象にしないだろうと考えてます。固定IPとして使えるマイIPを規制すると国内のユーザもアクセス出来なくなる可能性があるからです。



私は、フィリピンからこのVPNを利用してhuluを見ていますが、基本的には、どこの国でも理屈は同じです。一番重要なのが回線速度と規制されてないVPNを利用することです。海外で高速回線を契約してVPNを利用しても、まともに見れないケースも十分ありえます。

海外からHULUを視聴するにはVPNが必要

最低限必要な速度!どのくらいで視聴可能

海外からhuluを見る最低限必要な速度 
どの国でも最低限の速度 

・パソコン:下り速度 6Mbps以上を推奨
・スマートフォン/タブレット:下り速度3Mbps以上を推奨
・テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度 6Mbps以上を推奨

ここで指す最低スピードとは、VPNを通してのスピードになります。

HULUリニューアル後、最低回線スピード1Mから6Mに上がりました。何を根拠(画質が良くなったわけでもなく)に大幅に数値を変えたのか意味不明です。その時、大問題になった障害が関係して数値を上げたとか。しかし、この数値より低ても見れてます。

Huluは6Mbps以上を推奨

勘違いされやすいのが、海外のプロバイダー契約が6Mbps以上だから視聴できるとは限りません。10Mの契約でも海外からだと視聴できない可能性もあります。

例えば6Mの契約をしていても、この6Mは保証されたスピードではないのです。6Mを保証されたプラン(帯域保証型)であれば月額料金も高額になり、環境に左右されずに常に契約時のスピードが出ます。一般的には、帯域保証は値段が高く多くの場合企業が利用する回線です。個人で帯域保証の契約している人は、稀だと思うので、ここでは一般的なネット回線について説明しています。

簡潔に、その回線にいくつの回線がぶら下がっているかです。数回線がぶらさがっている6Mと、数百回線がぶらさがって6Mとは同じ6Mでも違いがあります。真夜中ならどちらも同じスピードが出るでしょうが、混みあう時間ならどちらが有利であるかは想像つきますね。

例えば、10Mの帯域を1Mの契約で20人に振り分けたとすると、夜間に1人が独占して利用したとしても契約が1Mなので1Mのスピードしかでません。9Mは空いた状態です。今度は想定外の出来事が起こった時(災害など)、20人が一度に回線を利用したとすると一人あたり0.5Mの半分の速度になります。ぶらさがるとはこういう意味を指します。

これらは、トラフィック理論の計算でユーザーにストレスがないように各々の業者で算出されてます。しかし、先進国以外は、その計算方法や振り分けがずさんなような気がします。私の住んでいるフィリピンでは、特にそう感じます。利益優先で詰めすぎているような気がします。・・・環境が変わるとスピードが一定しないのが一番困るんですね。

日本と同等に考えると選択を誤る事も考えられますので、そのお国柄や現環境で十分にテストを行った上でプロバイダープランUP、HULU契約、VPN契約などを行ったほうがベストです。
次は、テストをしてご利用のプロバイダーの癖を知りましょう

海外からだと基本的に回線スピードが落ちる可能性が高い

基本的には、接続先のサーバー所在地まで遠いほどスピードが落ちる可能性が高いのと、反応は遅くなります。ブラウザでHPを見ても、サーバーがどこに設置されてあろうが距離感はわかりません。それらを確認するには、ここを利用すれば確認できます。

>>aguse.jpウェブ調査

www.hulu.jpで検索してみると下の図のように日本であることがわかります。HULUはアメリカが本拠地ですが、サーバーは日本にあることがわかります。

海外からだと回線スピードが落ちる事を理解しておこう

www.hulu.jpは、日本にサーバーを設置してあるので、海外からアクセスする方は数多くの中継(ルーター)を介すために速度が落ちてきます。

日本の方が海外サイトを見て重く感じるのと同じ理屈です。距離があっても良いルートにあたれば早く進めるし、悪いルートに当たれば遅くなります。どういった経路をたどるのかは、プロバイダー、日にち、時間、接続のIPによって変わることもあります。

海外から回線スピードを計測しよう

テストする時間は、2パターンテストを行っておくと、ご利用のプロバイダーの癖を知ることができます。

混みあう時間帯、   夕方6時ぐらい~0時まで
混み合ってない時間帯 午前2時~午前8時ぐらいまで

時差がありますから、空いていると思われる日時と混み合ってると思われる日時で(日、曜日、時間帯で)テストをすることをお勧めします。

まずは、The Global Broadband Speed Testサイトからその国の国内スピードと日本までのスピードを計測します。このサイトは、世界のサーバーの場所を指定して速度を測れます。

日本語で書かれた回線測定サイトは、日本にサーバーが設置してあることを知っておきましょう。The Global Broadband Speed Testサイトは、英語ですが難しくはありませんのでこちらで測定することをお勧めします。

Speedtest.net by Ookla – The Global Broadband Speed Test

>>Speedtest.net by Ookla – The Global Broadband Speed Test
その国の国内スピードを測定します。アクセスIPを自動判別するので発信している国の地図が現れます。

国内スピードの計測

国内スピード計測

これが、その国に設置してあるサーバにアクセスした時のスピードです。私は、2Mの契約ですので日中は、いつもこれぐらいの数字が出ます。同国内であっても多少は減衰するので遅くはなりますが、ほぼ契約どおりの速度です。しかし夕方ぐらいから速度が落ちてきます。これも時間帯、曜日によって不規則なスピードになります。

アップロードも自動的に測定しますが、その数値はHULUに関してはあまり関係はありません。ダウンロードスピードだけ気にかけて下さい。

国内スピード

日本までのスピード計測の仕方

日本までのスピード計測の仕方

地図を日本に移動して、日本までのアクセススピードを計測しましょう。
これが正確な日本までのスピードですが、トラフィックが少ない時間帯ですと数値に開きはあまりありません。


回線速度のまとめ

  • 上記のスピードテストで、良い環境と悪い環境でスピード格差がほとんどなければそれは優良プロバイダーといえるでしょう。
  • 国内スピードが早くても、その国から日本までがトラフィック量が多ければ、遅い速度に合わされます。

海外からHulu.jpまでのネットワーク経路を調べる方法

これは特に調べる必要はありまませんが、海外でインターネットを利用する上で知識として知っておいた方が、回線トラブルがあった場合には、ご自身で解決できる可能性があります。Huluを開通した後に一度テストしてみましょう。

tracert」)コマンドのを利用してHulu.jpまでのネットワーク経路を調べる

海外からVPNの概要

インターリンクのマイIPサービスでVPN

VPNの種類

  • おすすめ度0 無料 VPN
  • おすすめ度3 日本にVPN機能があるルーターを設置
  • おすすめ度5 有料レンタル VPN

1.海外から無料 VPNを利用してhuluは見れるか

アメリカには、無料でVPNを利用できるサイトがいくつかありますが、快適に視聴することは難しいです。日本でも試験的にVPNを無料で提供しているサイトもありますが、速度にムラがあり動画には不向きです。ここではおすすめしないので、詳細は記載しません。

2.日本にVPN搭載のルーターを設置して海外からhuluを見る

海外在住でも日本にVPN搭載のルーターを設置することが可能ならば、海外からHULUを視聴できます。

必要なもの

BUFFALO IPsec対応VPNルーター : VR-S1000

私は、以前バッファローのVPN搭載ルーターを利用してVPNを利用していました。8年前の話で、その後レンタルVPNに乗り換えたので、これでHULUを試したことはありませんが問題なく利用できると思います。

現在は、VPNレンタルも個人が気軽に利用でき、料金も下がりましたが、当時は、VPNは企業が利用するものでレンタルも高額でした。当時は、VPN搭載ルーターを利用する方法が一番コストが掛からない方法でした。

今では、VPN利用料金も月々1000円前後でレンタルすることが可能になりました。こんな時代に、HULUを見るためだけに設備の投資と日本でのプロバイダー契約するのは、得策ではないような気がする。日本に払うプロバイダー料金で十分にVPN利用料をまかなえるということです。

これをオススメするのは、日本に既存のネット環境がある人です。

3.VPNをレンタルして海外からhuluを見る

今のところ、この方法が一番経済的で簡単な方法だと思います。
インターリンクという接続業者を利用してマイIP月々1,080円の支払いです。

他にも数社ありますが、セキュリティーと緊急時が不安なこともあり大手を選ぶことにしました。(問合せしても返信がない業者もあり)

これからVPNをお考えの方は、インターリンクのVPNをお勧めします。お勧めというよりは、他に選択肢がありません。次は、私も利用しているインターリンクのVPNの使い方について。

海外ではvpnって重宝するんです。hulu以外の利用法

VPNを海外で快適に利用するための必要な知識と選択の全て

海外でVPN こんなに便利・おすすめ活用法!こんなメリットが!

インターリンクのマイIPサービス

VPN

最低限のスピード以上が確認できたら、インターリンクのVPN登録します。これで海外からHULUを見れない悩みは、解消されます。

2ヶ月間は無料で利用できる特典があります。初期費用も掛かりませんので登録して2ヶ月間しっかりとhulu.jpが快適に視聴できるか確認して下さい。なんの問題もなくそのまま継続されても2ヶ月間は請求されません。

不具合があって利用できないと思えば2ヶ月以内に解約して下さい。その間の請求はされません。

2ヶ月間無料は、クレジットカードで登録する必要があります。

インターネット接続そのものを提供するサービスではありません。

マイIPとマイIPソフトイーサ版の違い

マイIP
・月額1,080円
・固定IP 1個
・接続型(PPTP接続) (L2TP接続)
・OSに関係なく利用できる
マイIPソフトイーサ
・月額1,296円
・固定IP 1個~128個
・接続型(PacketiX VPN) (L2TP)(MS-SSTP)(OpenVPN)
・専用ソフトインストール型
・インストール型なのでOSによる
はじめにマイIPを利用してみて接続が不可能ならマイIPソフトイーサ版に変更するのがベストだと思います。設定方法は、インターリンクのマニュアルに非常に分かりやすいように書かれてます。初心者でもかなりやさしく解説してますので、簡単に設定できると思います。

マイIPソフトイーサ版はマイIPを含むプランです。この大きな違いは、接続方法でセキュリティーに厳しい環境でも利用できるのがマイIPソフトイーサ版です。マイIPソフトイーサ版は、PPTP接続も利用可能です。

マイIPソフトイーサを使うメリットとしてはIPが複数利用できるので回線に不具合があったときにIPを変更できる利点。
PPTP接続など数パターンの接続方法ができること。これにより一番回線スピードの早い接続が選択可能。

HULUの登録方法

VPNを通してのスピードがOKならHULUに登録しよう

VPNを通してのスピードがOKなら早速HULUに登録しよう。二週間は見放題の無料試聴ができます。
 
・月額 933円(税抜き)
・支払い方法 [クレジット・ドコモ・AUかんたん決済]


海外からでもVPN(セカイVPNもOK)で見れる動画配信サイト登録先

料金
(税別)
無料お試し登録
videopass お試し期間30日間
月額562円
ビデオパスお試し登録
tsutaya-tv お試し期間30日間
月額933円
TSUTAYAお試し登録
hulu お試し期間2週間
月額933円
HULUお試し登録
dtv お試し期間31日間
月額500円
dtvお試し登録
u-next お試し期間31日間
+1,000P

月額1,990円
U-NEXTお試し登録
Netflix お試し期間1ヶ月間
月額650円
Netflixお試し登録
楽天TV 登録は無料(1話無料)
プレミアム見放題パック1ヶ月間お試し体験無料

月額1,990円
楽天TVお試し登録
アマゾンプライムビデオ 30日間無料体験
Amazonプライム会員

年会費3,900円(税込) 
amazonプライムビデオお試し登録
フジテレビオンデマンド 登録した月の月末までが無料
月額888円 
プフジテレビオンデマンドお試し登録
TBSオンデマンド 初回2週間無料
+500p

月額900円 
TBSオンデマンドお試し登録