ページ内の外部リンク先をカウントするアクセス解析プラグイン jetpack

[記事公開日]2014/05/02[最終更新日]2016/05/21

はじめに

ワードプレスでサイトを立ち上げられたらアクセス解析は、データ分析には必要不可欠です。外部サイトで確認するアクセス解析、単体で動作するアクセス解析のプラグイン、外部サイトから解析を取り込むプラグインなどたいだいこの3タイプだと思います。

何れのアクセス解析も 検索キーワードや訪問経路解析などは分析出来ますが、自社サイト内のページに設置してあるリンクのカウントは出来ないタイプが多いのではないでしょうか。

Googleアナリティクスを利用してサイト内リンクのデーターを得ることが出来るようですがタグなどを埋め込む面倒な作業があります。Googleアナリティクスは、アクセス数が少ないうちは、高度過ぎて使い勝手が悪いので個人的にはあまり利用していません。

アクセス解析の中でもGoogleアナリティクスはフリーで利用できて有名ですが、意外と知られてないのがhttp://ja.wordpress.com/の解析です。
これからワードプレスサイトのサービスを利用してクリックされたリンク先のカウントを調べる方法を説明して行きたいと思います。

意外と知られていない wordpress.com のサービス

wordpress.com TOP 画像
wordpress.com のサービス、サイト統計情報を利用します。Jetpackというプラグインを利用してワードプレスの管理画面内に表示させることが出来ます。プラグインを利用すれば毎回サイトにアクセスする必要はありません。

アクセス解析は、とてもシンプルで高性能です。データーも数十分で直ぐに反映します。Googleアナリティクスの様に翌日に反映なんて事はありません。

検索キーワード、リファラ、国別アクセス、そしてブログ内リンク先アクセスカウント

WordPress プラグイン Jetpackをインストールしてみよう

通常
管理画面 > プラグイン >新規追加 >Jetpack by WordPress.comで検索
ダウンロード
jetpack.me



通常は、管理画面から検索してインストールして下さい。ダウンロードは特殊な場合です。ダウンロードの場合は、ファイルを管理画面からUPするかFTPを使ってプラグインのフォルダーにUPしましょう。

参考サイトプラグインをインストールする3つの方法

wordpress.comと連携 画面

インストールが正常に終了して有効にすると以下の様な画面が出ます。そのwordpress.comと連携のボタンを押して下さい。
Jetpack wordpress.comと連携 画面

承認ボタンを押して承認しましょう

Jetpack wordpress.comと連携 承認画面

連携が完了した画面

管理者権限の設定があるだけで特に難しい設定はありません。アクセス解析以外にも豊富な機能がありますので使ってみるのも良いかもしれません。

wordpress.comと連携 完了

jetpack WordPress管理画面

jetpackのサイト統計情報をクリックします
jetpack WordPress管理画面

jetpack WordPress管理画面 統計画面

jetpack サイト統計画面

青枠のボタンをクリックすれば日本語で見れます。
jetpack サイト統計画面 日本語
右下の青枠の部分がページ内のリンクをユーザーがクリックするとURLが表示されカウントされます。
日別 月別 年別 可能です。

wordpress.com 統計画面拡大

まとめ

サイトを作成するとアクセス数も気になりますが、サイト内リンクも気になるものです。クリックされたリンク先をカウントするアクセス解析は、今まで使った解析の中ではなかったのでとても重宝してます。
wordpress.comの外部から取り込むのでDBの負担もありません。シンプルでとても見易い画面で大まかな解析でOKの方にはおすすめのプラグインです。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ