電気通信の国家資格を持つ管理人が海外から書いたブログ


“日本国外からのアクセスはサポートされません。”海外からこんな画面が出たら!

今まで日本で何事もなく利用していたHULUが、海外からログインした途端にこんな画面が突如として現れたら驚くことでしょう。

これは、国内放映権の問題があり海外アクセスは拒否されるからです。huluをはじめほとんど全てのvod(動画配信サイト)は、海外からでは利用出来なくなってます。

ただ一部の動画配信サイト(Netflix、amazonプライムビデオ)は自社オリジナルコンテンツがあり海外から視聴できる作品も多くあります。

HULUに関しては海外からでは全ての作品は視聴できません。では、どのようにすれば海外からhuluを視聴できるのか?!結論からいえばVPNサーバーを利用します。しかし VPNの中にはアクセス拒否されるVPNもありますので、そこを掘り下げて順を追って説明していきます。

VPNとは?簡単に

難しい専門用語は置いといて、ユーザーとアクセス先をVPNサーバが中継することで、ユーザーは自身の発信情報(IPアドレスなど)を隠し、代わりにVPNの情報をアクセス先に与えます。また、ユーザーとVPNサーバの間の通信も暗号化されるので通信内容が傍受されないメリットあります。

なぜ?HULUはVPNが必要
海外からHULUにアクセスするとIPアドレスから海外だと分かります。その為、日本に設置してあるVPNを介して利用すれば日本のIPとして認識されるので規制が掛かりません。

VPNを利用 3つの方法

VPNの使い方には大きく分けて 無料VPN、有料VPN、自分で構築VPNのこの3つの方法があります。それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

無料VPNの危険性について

有料か無料かどちらかを選ぶとすれば、ほとんどの人が無料を選択するでしょう。しかし本当にそれで良いのでしょうか?!無料VPNの全てが悪いとは言いませんが、ある程度の知識を持って利用しないと痛い目に遭うことになります。

無料で提供しているVPNは、何かの益を求めています。広告であったり接続情報であったりですが、もし悪意を持った人間がVPNの管理者だと簡単に企業の機密情報やID、パスワード、クレジット番号など盗まれる危険性があるのです。

無料VPNを使うということは、以下のリスクを背負わなければなりません。

  1. 悪意のあるプログラム
  2. 非暗号化
  3. 情報が外部に流れる
  4. 利用者が多いので満足出来る通信速度が得られない

悪意のあるプログラムやウイルスを仕掛けられたり、正しく暗号化にされてない可能性もあります。そして、最悪の場合情報を悪用される可能性も秘めているのです。

有料VPNについて

ここで説明する有料VPNとはレンタルVPNです。
VPNの構築には回線確保と設備投資、そして維持費が掛かります。安定した回線速度、サーバー保守、ユーザーからの問い合わせサポート体制を望むならプロバイダーの有料を利用するしかありません。

優良なVPN業者はユーザーのプライバシー保護や安全性、通信速度を非常に重視しています。

無料と比較してのメリット

  1. 安定した通信速度の確保
  2. セキュリティーの強化
  3. サーバーダウンが少ない
  4. 迅速なサポート
無料と比較してのデメリット

  1. レンタルなら月々1000円前後

自宅にVPN搭載ルーターを設置


日本の住所にパソコンでVPNサーバーを構築することも可能ですが、それよりも一番簡単な方法は「VPNサーバ機能」が搭載されたルータを設置するだけ。後は、固定IPを一つ用意する必要があります。

メリット

  1. 通信速度の制限がない

    無料VPNや有料レンタルVPNは共有の為、少なからず速度制限が掛けられます。プロバイダーVPNなら例えば100Mの帯域を50人で利用すれば1ユーザーあたり2Mの割当になります。しかし、自宅VPNの場合は目一杯利用してとしても家族くらいでしょうからそれなりの通信速度を利用できるのです。個人的にはこれが自宅VPNの最大のメリットだと考えてます。

  2. セキュリティーの強化
  3. 外出先から自宅のPCと共有出来る

    自宅のPCに直接アクセスし遠隔操作やファイルの共有が出来ます。その際、暗号化されるのでセキュリティー面でも安全

デメリット

  1. 最低限のルーター、VPNの知識が必要
  2. 設備投資
    VPN対応ルーター+固定IP

VPN対応ルーターを選ぶ

ピンきりですが、海外からVODサイトの視聴程度なら無線ルーターだと10,000円~25,000前後、有線だと10,000以内のルーターで十分です。
私は、BUFFALOのVPN搭載ルーターをレンタルVPNに切り替えるまで5年ぐらい海外から利用してました。





PLANEX 10/100Mbps 有線タイプ VPNルータ VPN-41FE IPSec・L2TP・PPTP対応







BUFFALO IPsec対応 VPNルーター VR-S1000






海外からHULU視聴にはVPNの3つの条件が必要

1.日本のIPが使えるVPNサーバー

HULUを海外から利用するには日本のIPが利用可能なVPNサーバーであることが条件です。市場には世界のVPNプロバイダーが多く存在します。その多くが無料版サービスを提供しています。しかし、日本のIPアドレスを利用出来ないVPNはHULUへのアクセスは出来ません。

VPN設置場所

例 日本公式サイト【Nord VPN】

ここは、60ヵ国で提供する5500台以上のサーバーの中から毎回接続したいサーバーを選んで接続可能です。HULUの場合は、日本のサーバーを選択して接続する。

2.HULUに規制されてないVPN

HULUは他の動画配信サイトに比べ海外からのアクセスには厳しく規制を掛けてきます。2019年3月には著作権に厳しいとして名高いウォルト・ディズニーが過半数のHulu株を保有する親会社となったのも影響しているかもしれません。

HULUの場合は、規制されてないVPNを探すほうが難しいのですが、私の知る限りで利用可能なVPNプロバイダーはインターリンク社のマイIPだけです。名前の通り固定IPが利用が可能でVPNとしても利用出来る優れたVPNサーバーです。

100%規制が掛からないとは断言出来ませんが、利用用途が固定IP利用者を目的としたサービスなので規制をかけにくいと考えられます。

HULUで使えるマイIP 無料で2ヶ月間お試しが可能なので試して見る価値ありです。

HULUに規制されてないマイIPこちら 

3.動画を見れる最低限の通信速度が必要

無料VPNは利用者が多く、有料に比べサーバーダウンや通信速度の低下が高いです。

有料のVPNも回線の帯域は限られているのでトラフィックを計算した上で1ユーザーあたりの帯域上限は概ね決められます。すなわち、時間帯や曜日によってアクセスが集中すれば全体的な回線速度は不安定になりやすいのです。レンタルVPNを利用すると速度が落ちる可能性が高いことを知っておきましょう。

Huluを見るには、どれくらいの回線速度が必要ですか?
配信作品を快適に視聴するためには、安定したインターネット回線が必要です。ご利用のネットワークがこの速度を下回った場合、ストリーミングが途切れる可能性が高まります。

  • パソコン:下り速度 6Mbps以上を推奨
  • スマートフォン/タブレット:下り速度3Mbps以上を推奨
  • テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度 6Mbps以上を推奨

>Huluカスタマーサポート より

海外から正しい回線速度の測り方

海外では、通信のインフラが整ってない国もまだまだ沢山あります。HULUをストレスなく視聴するには、回線スピードは重要です。まずは、その国の国内速度を測りましょう。それから日本までの速度を測ります。必ずこの2つを測定しないと速度遅い原因究明が出来ません。

テストする時間は、2パターンテストを行っておくと、ご利用のプロバイダーの癖を知ることができます。

混みあう時間帯、   夕方6時ぐらい~0時まで
混み合ってない時間帯 午前2時~午前8時ぐらいまで

時差がありますから、空いていると思われる日時と混み合ってると思われる日時で(日、曜日、時間帯で)テストをすることをお勧めします。

まずは、The Global Broadband Speed Testサイトからその国の国内スピードと日本までのスピードを計測します。このサイトは、世界のサーバーの設置場所を指定して速度を測れます。

日本語で書かれた回線測定サイトは、日本にサーバーが設置してあることを知っておきましょう。The Global Broadband Speed Testサイトは、英語ですが難しくはありませんのでこちらで測定することをお勧めします。

>>Speedtest.net by Ookla – The Global Broadband Speed Test

在留国の国内回線速度を測る

1.peedtest.net by Ooklaにアクセスすると、自動でその国の最も近いサーバーを判別してくれます。まずは、(上の図の赤枠)が現在居る国のサーバーになっているか確認します。私の場合はフィリピンから発信してるのでケソン州にあるサーバーを割り当てられました。これでフィリピン国内のプロバイダースピードが測れます。

2.私の使っているフィリピンのプロバイダーglobeの契約通信速度は10Mですので日中だと大体このくらいのスピード7M位でレスポンスも49Msです。これでフィリピン国内のスピードが測れました。

3. 測定結果 PING (49Ms)下りスピード(6.93M)
Pingは、数字が低いほどレスポンスが良い

在留国から日本までの回線速度を測る

1.矢印から自動で選択されているサーバーを手動で日本のサーバーへ変更します。

2.検索窓で日本のサーバーを検索します。TOKYOやOsakaの地域名を入力すれば一覧でサーバーが表示されるので一つ選んで選択します。

3.日本のサーバーになっていること確認します。

4.海外国から日本までの回線スピードの結果

5. 測定結果 PING (107Ms)下りスピード(2.96M)

比較すると海外から日本へのアクセスは、レスポンスは悪くそして回線スピード落ちていのが分かります。理論的には、海外から日本までの距離が遠いほど回線スピードは落ちます。そして、環境により異なりますがこれにVPNサーバーを繋ぐともっとスピードが落ちる可能性もあります。

まとめ

個人的に、今後規制を掛けられずに海外からHULUを問題なく利用する一番最適な方法は、自宅VPNです。私のように海外に移住し日本に住所がない方は難しいですが、海外に長期在留で日本に既存のネット環境があるなら絶対ここちらをお勧めします。多少の設置の知識と保守は必要ですが、一度設置してしまえば再起動や簡単な設定変更は遠隔で可能なので思うほど難しくはありません。

有料レンタルで利用するなら大手プロバイダーのVPNを利用すると安心です。私の試した限りでは、インターリンク社のマイIP(マイIP ソフトイーサ版ではありません。)は利用できています。共有の固定IPではないので規制されにくいです。無料で2ヶ月間利用出来るので一度試してみて下さい。

留意点

  1. マイIP ソフトイーサ版は、IP共有なので規制されやすいのでマイIPの方を利用して下さい。
  2. インターリンク社セカイVPNがありますが、HULUの利用は出来ませんので登録の際はご注意下さい。

2ヶ月間無料お試し マイIP 公式サイト